イメージ画像

キャッシング即日:キャッシングと支出について

キャッシングを利用する際には、正しい使い方・賢い使い方についても知っておきましょう。

収入が足りているはずなのになぜか毎月お金が足りなくなってキャッシングを利用してしまうという方もいるようですが、そういった方は支出について一度チェックしてみてはどうでしょうか。

消費・浪費・投資という三つの支出がありますが、このうち、浪費が多くなっている方は注意が必要です。 一度支出を見直さなければどんどん借金が増えてしまうことも考えられます。

これらの黄金比として、消費は全体の70%、投資が25%、浪費は5%ほどにしておくことが大切です。 家計簿をつけたことがないという方も、一度自分の支出を振り分けてみましょう。

浪費が多くなってしまったために借金を繰り返してしまうと、いつまで経ってもその借金が減らないどころかどんどん膨らんでしまいます。

キャッシング即日をする際には、浪費に対する借り入れをしないように心がけるだけでも失敗が減ると言えるでしょう。

給料をもらったら好きなようにお金を使い、足りなくなったらキャッシングでまかなうような生活をしてしまうと、いつか破たんします。 中には、自分では投資だと思っていたものが浪費だったというケースもあるでしょう。

例えば、投資として習い事を始めたものの、全く通っておらず、月謝だけを支払っている形であれば、それは浪費です。

それよりも注意しなければならないのが、なにに対して支出したのか把握していないということ。 気付けばお金がなくなってしまっているけれど、具体的にその内訳を把握してないという場合は危険です。

キャッシングはお金が足りなくなった時に使える第二の財布のように感じてしまう方もいるかもしれませんが、借金であるということをしっかり頭に入れておいたほうがいいですね。

何も考えずに支出を繰り返してしまうと、誰でもお金が足りなくなってしまうはずです。 確かにキャッシングは非常に便利なものではありますが、賢い使い方ができるように考えてみましょう。
足利銀行

周りに内緒でキャッシングをする

キャッシングすることを周りに知られたくないと思っている方も多いのではないでしょうか。 お金に困っているということを内緒にしたいという方が多いはずです。

そういったこともあり、多くのキャッシング業者では周りに内緒でキャッシングが可能です。 例えば本人確認の際にかかってくる電話でバレてしまうのではないかと不安になっている方もいるでしょう。

審査の際には勤務先に対して本人確認の電話がかけられます。 これは、申し込み者が本当にそこで働いているかどうかを確認する作業なので、どの業者でも必須としていることが多いです。

勤務先に対して「○○キャッシングですが…」というような電話がかかってきたら困るという方もいるでしょう。 ですが、キャッシング業者からの本人確認の電話は業者名ではなく個人名を名乗ります。

「鈴木ですが○○さんはいらっしゃいますか?」というように電話がかかってくるので、職場にバレてしまうことはありません。

実際にお金を借りる際にもコンビニなどのATMから気軽に借り入れすることができるようになっています。 貸金業者の専用ATMに行かなければお金が借りれないわけではないので、通常の銀行口座からお金を下ろすような感覚で借りることができるわけです。

返済も口座振替やATMからの返済が選択できるのでバレてしまうことはないでしょう。

こういったこともあり、旦那さんや奥さんに内緒で借り入れを行っているという方は非常に多いです。 ただ、大きな金額を借りようと思っている場合家族には相談しておいた方がいいでしょう。

内緒で借りたお金が原因で夫婦仲が悪くなってしまったケースなどもあるため、隠れて高額の融資を受けるのはおすすめできません。

キャッシングを利用するということはとても恥ずかしいことのように感じてしまうかもしれませんが、きちんとした返済計画を立てて正しく利用すればとても便利なものです。

お金を貸すという意味では貸金業者も銀行も同じだといえるので、それほど深く悩んでしまう必要はないと言えるのではないでしょうか。

キャッシングを利用するのに担保・保証人が必要?

担保や保証人が必要かという疑問についてですが、基本的にキャッシングでは必要ありません。 銀行などからお金を借りる際には、必要なケースが多いのですが、キャッシングでは知り合いに保証人をお願いする必要もないので安心しましょう。

なぜ担保や保証人が必要ないのかというと、キャッシングではそれほど大きな金額を借りることができないため、業者側のリスクが小さいということが関係しています。

また、銀行に比べて貸し付け金利を高く設定しているため、万が一貸し倒れが起きてしまった場合でも損をしないような仕組みになっているのです。 確かにさらなる安全のためには担保や保証人を必須とした方がいいのかもしれませんが、そうなると申し込み者が減ってしまいますよね。

金融業者はたくさんの人から金利収入を得ることによって成り立っているので、担保や保証人を必須として申込者を減らすよりも多くの人から利用してもらった方がリスクが小さくなります。

できれば周りに内緒でキャッシングをしたいと思っていた方も、保証人が必要ないというのは助かりますよね。

ただ、担保や保証人が不要といっても事前にしっかりと審査が行われるので、無条件で借りられるというわけではありません。

キャッシング審査に通るのは18歳以上、または20歳以上で安定した収入がある人に限られています。 パートやアルバイトでも安定した収入があれば利用することは可能です。

業者によって審査の基準は違うため、自分では問題ないと思っていても落ちてしまうことがあります。 特に他社からキャッシングをしており、過去に返済が滞ってしまった経験のある方は審査に落ちやすいといえるでしょう。

長く返済が滞った場合などはブラックリストとして登録され、数年に渡ってキャッシングができない状態になってしまうこともあります。

借入が可能な人の基準については各キャッシング業者のホームページ上で紹介されていることが多いので、まずはそちらから確認してみてはどうでしょうか。

このページの先頭へ