イメージ画像

様々なヤミ金の手口

ヤミ金は様々な方法で近づいてきます。 キャッシングを利用する際には誤ってヤミ金を利用しないように注意しましょう。

中にはヤミ金であること知らずに利用してしまう方もいるようです。 そういった事態を避けるためにもヤミ金の代表的な手口をご紹介します。

まず、紹介屋という手口があります。

これは、「うちならば基本的に誰にでも貸しします。」とか「審査不要!」というような誘い文句で客を募り、申し込んできた人に対して「残念ながらうちでは貸せませんが、紹介はできます。」というように他の業者を紹介してきます。

そしてここで紹介料として手数料を要求されるケースがあるので注意しなければなりません。 しかも紹介されるのはその業者と全く関係のない消費者金融であったり、悪徳な業者である可能性が高いのです。

他には買取屋という手口があります。 クレジットカードの現金化という形でショッピング枠を使って買い物させ、それを半額程度の価格で買い取るのです。

ショッピング枠が余っているけれど欲しいのは現金…いう方にとっては魅力的な話のように感じるかもしれません。 いくらショッピング枠が余っていたとしても、それだけでは現金を手にすることはできませんよね。

確かにこの方法であれば一時的に現金を手にすることはできますが、結局は商品の購入代金を全額支払うのは自分なので、ショッピングで購入した商品を安く買い取られてしまった分、マイナスになります。

高齢者をターゲットにした悪質な手口として、年金担保金融というものにも注意しておきましょう。 年金しか収入がなく、一般的な消費者金融から借りられない人をターゲットにすることもあります。

担保として年金証書や通帳、印鑑、キャッシュカードを取られることも多く、違法な高金利で貸し付けを行う業者です。

中には年金の振り込み口座を勝手に変更し、強制的に年金を全額返済に充てるようにする業者もあるため、こういったヤミ金の手口に引っかからないようにしましょう。

このページの先頭へ