イメージ画像

総量規制とはなに?

キャッシングを利用する際には、総量規制というものについて知っておかなければなりません。 これは原則としてキャッシングで借りられる金額の総額は年収の3分の1までに制限されるという決まりです。

例えば、年収が120万円の人の場合、キャッシングで借りられる総額は40万円ということになります。

キャッシングには法人向け貸し付け、法人向け保証、個人向け保証、そして個人向け貸し付けというものがありますが、このうち総量規制の対象となるのは個人向け貸し付けです。

つまり、個人がキャッシングを行う場合、総量規制の対象になるということですね。 この規制により、複数のキャッシング業者から借り入れを行っている方は融資希望額を設定する際に注意しなければなりません。

1社から借りられる総額が年収の3分の1ではなく、全社から借りているキャッシングの総額であるという点を勘違いしないようにしましょう。

年収120万円の方が、すでに1社から30万円の借り入れを行っていた場合、他の業者にキャッシングの申し込みをしたとしても借りられるのは10万円ということになってしまいます。

それなのに融資希望額として30万円等の金額を希望した場合、審査に通らない可能性が高くなるのです。

融資の申し込みをする際には、他社からの借入額や借入件数を自己申告する欄がありますが、この欄で嘘をつけば融資を受けられるだろうと考えるのは危険です。

なぜかというと貸し付けを行っている側はその人が他からどれくらい借り入れを行っているかチェックした上で貸し付けを行うように定められているからです。

つまり嘘をついて申し込みをしたとしても調べれば簡単にバレてしまうということ。

それだけでなく、嘘の申告をしたということで信用もなくしてしまいますよね。 そうなると更に審査にを落ちやすい状態になってしまいます。

もしすでに年収の3分の1に該当する金額をキャッシングしてしまっているという場合、新規で他の業者に申し込んだとしても融資は受けられません。

まずは今ある借り入れを少しでも減らすことについて考えてみましょう。

このページの先頭へ