イメージ画像

総量規制には盲点がある?

キャッシングの総量規制とは要するに年収の三分の一以上は貸してはいけない、という法律になります。どうしてそんな規制を作ったのかというとあまりにも借りる人が増えたからです。

但し、これには実は盲点があります。一つは銀行のキャッシングが対象になっていない、ということです。キャッシングとは消費者金融から借り入れることのみがこれに該当する行為ではないです。

カードローンもお金を借りていることには変わりなく、昔は次の月には一括で返済をするのが消費者金融のキャッシングの基本であったのが今では分割、つまりはローンのほうが多いです。

これは、カードローンと似たような状況になっているわけです。その為、殆ど似ているサービスといっても過言ではないです。しかし、銀行の場合は貸金業法ではなく、銀行法が適用されるようになっていますから、基本的には年収の三分の一以上は貸しても大丈夫になっています。

但し、そもそも貸して良いことと貸してくれることは明確に違います。キャッシングは金融サービスの中で最もハードルが低いといえますが、それでも審査はありますし、制限もあります。

ですから、まずは貸してくれる所を見つけるために情報を集める必要があります。加えて、基本的にはどうしても結構な金利になってしまうことになります。

これはキャッシングは保証人なし・担保も取らないという性質があるからであり、貸す側にもかなりリスキーな行為でもあるからです。

但し、金利自体は高くても次の月にしっかりと返済、或いはすぐではなくても数ヶ月単位で返せるのであれば実は金額的にはそこまで大きくはならないです。

どうしてもお金が必要になるとき、喫緊に必要になる場合が人生ではあります。そんなときに利用するサービスとしては非常に心強いことは確かです。消費者金融も過当競争の時代で銀行と提携などをしているところも多くなっています。

まずは自分のよく使っている銀行がやっていないか、提携している消費者金融がないかどうかを確認すると良いでしよう。

このページの先頭へ