イメージ画像

キャッシングの審査で見られる「信用情報」とは

キャッシングに限らず住宅ローンやカーローンなどでも同じですが、融資が行われる時には利用者が元金と利息を完済できるかを確認するための審査が行われます。

この融資の際の審査についてネットなどで調べると信用情報という言葉が出てくるのですが、これはあまり一般には聞きなじみがない言葉の一つです。

信用情報とは簡単に言えば「個人の金融に関する履歴」の事で、カードローンや住宅ローンなどの融資や、携帯電話の月賦払やクレジットカードの支払いなどの月賦払いの情報、最近では奨学金の支払い状況など幅広い金融に関する事柄など幅広い分野の情報が集まっています。

これの事柄に関して、現在の返済状況や利用状況、過去の滞納や未納履歴、自己破産などの債務整理の情報を収集して保管しているのが信用情報なのです。 これらの情報を誰が保管しているのかと言うと信用情報機関という機関です。

この機関に加入している金融機関などから融資の情報について集めそれを記録保管し、新たにカードローンキャッシングサービスの申し込みが行われる際にはその情報を参照して審査が行われるという仕組みになっています。

今までにキャッシングの申し込みをしたことがある人であれば、信用情報の利用についての同意書を書いたことがあるのではないでしょうか。

この信用情報のどこをみるのか、など具体的な審査基準については会社によって異なりそれらは基本的に未公開となっています。

一般的には、過去の滞納や未納など債務の支払いが出来なかった経歴が無いかという部分と、現在の借り入れ状況はどうなっているのかという部分の二つを中心にみられると言われています。

過去に自己破産などを行っていたり未納や滞納があるという事は今回の融資でも同様の問題を起こす可能性があると判断され落ちてしまいます。

そう言った問題が無くても借入額が多すぎて新たに借り入れをすると本人の返済能力を超えてしまうような場合でも落ちてしまいます。

このページの先頭へ